大関経験者で西前頭2枚目の朝乃山(29=高砂)が、3連勝で勝ち越しを決めた。

同じく大関経験者で、取組前までの対戦成績は5勝6敗と、負け越していた東前頭11枚目の御嶽海を破って8勝5敗。御嶽海も5敗となり、可能性が残っていた優勝争いから後退させる格好となった。

立ち合いは「右で突っ張ってくるのが見えた」と、朝乃山は瞬時に左を下からはね上げた。そのまま左で上手を取り、御嶽海の上体を起こして寄り切った。「立ち合いで踏み込み負けしないよう、自分から攻める気持ちでいった。(勝ち越しは)通過点ですので」と、勝ち越しを決めても、喜びもそこそこに、表情を緩めなかった。

先場所痛めて途中休場した左腕、場所前の巡業中に痛めた右足親指と、けがを抱えながらも勝ち越しを決めた。「初日の前は、すごく不安はあったし、相撲内容は良くないけど、体は動いていた。それが今の結果につながっている」と、初日からの13日間を振り返った。残り2日間に向けては「悔いのないように自分の相撲を取りたい」と、力を込めた。

前日12日目は三役以上で唯一、対戦を残していた小結翔猿を寄り切った。ただ「立ち合いはフワッと立ってしまった」と、翔猿に右を差されて押し込まれかけた。さらに「頭に入っていなかった」という蹴手繰りで、ほんろうされた。それでもつかんだ左上手を、最後まで離さず勝ちきった。防戦の時間が長かったが、連勝したことで流れを途切れさせず、この日の白星にもつなげた。残り2日間も勝って終盤戦5連勝締めなら、場所前に目標に掲げていた2桁白星に到達する。