新潟県が拠点のアイドルグループ「NGT48」の運営会社だったAKS(現ヴァーナロッサム)が、元メンバー山口真帆さん(24)への暴行容疑で逮捕され不起訴となった男性ファン2人に3千万円の損害賠償を求めた訴訟は8日、新潟地裁で和解した。地裁で同日、弁論準備手続きがあり、終了後に原告側の代理人弁護士が明らかにした。

代理人弁護士によると、ファン2人がAKSに謝罪文を提出し、数百万円を支払うとの内容で和解。2人は謝罪文の中で、山口さんの自宅でドアを引っ張り合う暴行をしたことや、事件に他のNGTメンバーが関与していないことを認めた。今後はAKB48グループのイベントに参加しないことも確認した。

AKSは2019年4月に提訴。訴状によると、2人は18年12月8日、新潟市の山口さん宅前で、山口さんの顔をつかんで暴行。事件後に他のNGTメンバーが関与していると答えてグループ内の信頼関係を損ね、活動休止を余儀なくさせたと主張していた。(共同)