AKB48峯岸みなみ(28)が22日、横浜市のぴあアリーナMMで卒業コンサート「桜の咲かない春はない」を行った。コロナ禍で1年延期したが、AKBの酸いも甘いも経験したグループ最後の1期生は、15年半ともに走ってきたこの日出演の現役64人、卒業生31人に囲まれて花道を飾った。

   ◇   ◇   ◇

15年半の思い、そして延期になったこの1年の思いの全てを卒業コンサートに込めた。“峯岸チルドレン”とも呼ばれる後輩と元気いっぱいにステージに登場すると「AKB48のことが大好きだ!」と叫んだ。

同期からは末っ子として、年齢の離れた後輩からは頼れる先輩として誰からも慕われた峯岸らしく、1期生から14期生まで、異例の31人の卒業生が駆けつけた。これまでもコンサートで卒業生が登場する場面はあったが、本格的なダンスまで披露することは少なかった。峯岸はあえて「AKBの代表曲を現役メンバーたちと絡みながらやってもらいたい」とそれぞれに直接依頼した。

妊娠中の板野友美(29)はダンスこそ控えたが、篠田麻里子(35)は「上からマリコ」、大島優子(32)は「ヘビーローテーション」とセンター曲を、秋元才加(32)と宮澤佐江(30)はダンスナンバー「転がる石になれ」を現役メンバーと一緒に汗だくで踊った。「先輩のつくる空気や勢いを感じてほしい」という峯岸の粋な計らいに、後輩メンバーも全力で応えた。

恋愛スキャンダルから研究生降格も経験した。神7(セブン)でもなく、選抜常連でもなかった。それでも「私はAKB48の過去と未来でできています。私の人生にはAKB48が必要だった」と言い切った。最後の1期生は、前田敦子(29)にも高橋みなみ(30)にもできなかったような卒業コンサートで、AKB48を未来につないだ。【大友陽平】