空手の極真会館総本部顧問、ハイテク機器メーカー社長、そして歌手の顔を持つ「シャンゴーの鷹」こと高橋孝志氏が2年半ぶりのデュエット新曲「飛ばせ昭和のシャボン玉」を17日、リリースする。デュエットのお相手に指名されたのは、文化放送「走れ!歌謡曲」でレギュラーパーソナリティーを務め、人気を博した歌手岩波理恵だ。


新曲「飛ばせ昭和のシャボン玉」をPRする高橋孝志氏と岩波理恵
新曲「飛ばせ昭和のシャボン玉」をPRする高橋孝志氏と岩波理恵

意外にもデュエット楽曲に初挑戦という岩波は「シャンゴーさんとのご縁に感謝です。お声がけいただいて、即答でOKさせていただきました。シャンゴーさんの声とのコントラストを心がけて歌いました」。シャンゴーも「コロナ禍の閉塞(へいそく)感をこの曲(シャボン玉)で、どこか遠くに飛ばせればいいですね。そんなイメージで歌っています」と話した。


同曲は作家陣も豪華な顔ぶれだ。作詞はシャンゴーと結びつきが深い荒木とよひさ氏。作曲は数々のデュエット曲を生み出した岡千秋氏が担当した。「大先生の作品なので緊張しました。ソロとは全く違う楽曲。シャンゴーさんと2人の作品です。ハーモニーは少し難しいのですが、カラオケでチャレンジしてほしいです」と岩波が話すと、シャンゴーも「早く2人でライブで歌ってみたいですし、皆さんを明るい気持ちにさせたいですね」と意気込んだ。


カップリング曲「もう一度喧嘩(ごろ)まいて」のジャケット写真
カップリング曲「もう一度喧嘩(ごろ)まいて」のジャケット写真

カップリングの「もう一度喧嘩(ごろ)まいて」は、シャンゴーのソロ曲だ。「“喧嘩”というのは、人生の変化に打ち勝つことと考えています」。この曲にもコロナ禍の現状を打破したいというシャンゴーの気合と気持ちが込められている。


◆問い合わせ URL http://tkma.co.jpまたはオリオン科学株式会社〒350・0833埼玉県川越市芳野台1の103の16 【電話】049・222・5055。