「科学を信じない人間や自らの利益のために信じないふりをする人間に権力を与えるのをやめよう」。米国の人気俳優ハリソン・フォード(76)は13日、サンフランシスコで開催中の国際会議「気候行動サミット」で、環境保護に後ろ向きなトランプ政権を念頭に演説し、会場を盛り上げた。

人気映画「インディ・ジョーンズ」「スター・ウォーズ」などで知られるフォードは環境保護団体役員を務める活動家としても知られる。太陽光パネルや電気自動車(EV)の普及と共に、南米アマゾンの森林保護などにも力を入れるよう強調し「自然を保護しなければ、われわれ自身を守ることはできない」と訴えた。