もっとも育児を楽しみ、 頑張ったパパ(著名人)を表彰する「イクメン オブ ザイヤー 2018」に選ばれたタレントのりゅうちぇる(23)が、“イクメン”という言葉に対する思いを明かした。

「イクメン オブ ザイヤー」の授賞式が10月18日に開催されて、りゅうちぇるは芸能部門で受賞を果たした。同日夜、りゅうちぇるはツイッターで受賞を報告するとともに「これからも!! 家族にとってすてきなパパで居られるように 頑張りたいです!! ありがとうございました」と感謝を述べた。

また、「イクメンオブザイヤーを受賞させていただいた僕が言うのもあれだけど...」と前置きした上で、「イクメンという言葉が無くなるくらい パパも子育てに当たり前に向き合えて 別にパパが子育てをしてても 全然驚かれないような 大切な子供を 夫婦で協力して話し合いながら育てていけるといいな...」と自身の考えを明かしている。

りゅうちぇるの発言に対して、「全世界のパパに届け」「パパのかがみ」「思ってた事を代弁してくれた」など称賛の声が寄せられている。