娘との葛藤をつづったベストセラー「積木くずし」の著者で、俳優の穂積隆信(ほづみ・たかのぶ)さん(本名鈴木隆信=すずき・たかのぶ)が19日、胆のうがんのため神奈川県内の病院で死去した。87歳。静岡県出身。生前の本人の希望で遺体は献体され、葬儀告別式は行わない。

8月に体調を崩し、黄疸(おうだん)の症状が出て胆のうがんであることが判明。そのまま入院をして帰らぬ人となった。2月に東京・三越劇場での舞台出演が最後の仕事だった。事務所関係者によると、2年前には妻も亡くしており、最期は親族らにみとられることなく1人で旅立ったという。

俳優座養成所を経て、59年に今村昌平監督「にあんちゃん」で映画デビュー。野村芳太郎監督や山田洋次監督の「男はつらいよ」シリーズにも登場し、特徴のある役柄を演じ印象を残した。アニメ、洋画の声優としても活躍した。テレビでは72年の「飛び出せ!青春」などの学園ドラマで、神経質だが憎めない教師役で親しまれた。

1人娘由香里さんの非行と更生までの経緯をつづった「積木くずし」は約300万部のベストセラーとなり、83年にTBS系でドラマ化もされた。最終回の平均視聴率は関東地区で45・3%(ビデオリサーチ調べ)と驚異的な数字を記録。穂積さん役を前田吟が、由香里さんを高部知子が演じた。同年、映画化もされるなど社会現象となり、穂積さんは教育関連の講演活動なども行っていた。

03年に35歳だった由香里さんに先立たれた。葬儀の際に穂積さんは、由香里さんのひつぎを前に「由香里を殺したんだ。由香里の死を早めたのは自分なんだと感じた」と号泣。ひつぎに「積木くずし」を3冊入れるほど、娘への愛情が深かった。