歌手のSHIKATA(本名志方大輔)容疑者(36)が6日、都内で乾燥大麻約0・5グラムを所持したとして、大麻取締法違反(所持)の疑いで、警視庁成城署に現行犯逮捕された。

捜査関係者によると、東京・世田谷区の環状8号線で6日未明、パトロール中の警察官が、乗用車を運転する同容疑者の様子を不審に思い職務質問した。車内を調べたところ、たばこの箱から紙で巻かれた大麻が見つかったという。同署が入手経路などを詳しく調べる。同容疑者は「大麻だということは、うすうす感じていた。いずれは使うつもりだった」と話し、容疑を認めているという。

同容疑者は、歌手活動のほか、9月に引退した歌手の安室奈美恵さん(41)や、ナオト・インティライミ(39)ら人気ミュージシャンの楽曲を多数手がけていた。12年には作曲した曲が日本レコード大賞で優秀作品賞を受賞している。

レコード会社関係者によると、同容疑者の印象は「とても爽やかな好青年」で、受け答えも常にしっかりしており、私生活が派手な様子もなかったという。仕事で関わったスタッフも「信じられない」と驚いているという。