タレントLiLiCo(48)がNHK紅白歌合戦への“乱入”を熱望した。

17日、米映画「A GHOST STORY」(デビッド・ロウリー監督)公開記念トークショーを東京・渋谷シネクイントで開催した。

14日に夫・小田井涼平(47)がメンバーの5人組男性歌謡グループ「純烈」のNHK紅白歌合戦初出場が発表されたばかり。発表直前に出席したイベントでも「人生で何が欲しいかと言われたら、『純烈』の紅白出場。紅白が決まれば何もいらない!」と話していただけに、「私にとってとんでもない1週間でした。この1週間ほとんど食べてないです」と告白。さらに「『純烈』のマネジャーさんから決まりましたと連絡があって、初めて泣きました。ファンの皆さんのおかげです」と喜びと感謝を口にした。

LiLiCoは「紅白乱入を狙っているんですよ」と切り出した。「純烈」は各地の健康ランドなどでライブを行う「スーパー銭湯アイドル」の異名を持つ。「希望としては、健康ランドからの中継もあり。NHKホールで銭湯のセットを作っていただいて、私がそこにつかっているとか。または20人ぐらいで踊っているところに私も入って、一切触れられず、見切れてるとか。カメオ出演とかね」などと、独自プランを次々とぶち上げた。「所属事務所の方々は、パパイヤ鈴木さんなどがいて過去の紅白の演出も結構手掛けているし、バックダンサーもやらせていただいているんですよ。私の夢にはリアリティーがあります。夢見る夢子ちゃんじゃないですよ。実現可能かなと」と説明した上で「あとはスタッフの皆さんにお任せします。スケジュールはあけてます」。悲願を果たした夫のサポート出演を猛アピールした。

夫の小田井が紅白出場会見で「LiLiCoが紅白に出場したらバックダンサーで出たいと言っていたので、全力で阻止したい」と、LiLiCoのバックダンサー出演に反対していることにも言及。「スタッフの皆さんが決めることですから。出演が決まっても、一切言いません。当日『ビックリリコ』ですね」と笑顔を見せた。