ジャズピアニストや作曲家として活躍した前田憲男(まえだ・のりお、本名暢人=のぶひと)さんが25日午後8時13分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。83歳。大阪府出身。葬場祭は12月5日午前11時から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は長男憲一郎(けんいちろう)氏。

独学でピアノを学び、高校卒業後にピアニストとして活動を始めた。1955年に上京し、多くのジャズバンドに在籍。自らリーダーを務める「前田憲男とウインドブレイカーズ」を結成したほか、羽田健太郎さん、佐藤允彦さんとピアノトリオを組むなど幅広く活躍した。

「原信夫とシャープス&フラッツ」などへの楽曲提供やアレンジでも知られたほか、テレビ番組「11PM」に出演、「題名のない音楽会」にも携わった。大阪芸術大教授も務めた。(共同)