交通死亡事故を減らそうと、愛知県警は23日、名古屋市出身で女優いとうまい子(54)を交通安全大使に任命した。いとうは同市中区の商店街で「大切な命です。車にくれぐれも気を付けて」などと通行人に交通安全を呼び掛けた。

県警交通総務課によると、2018年の愛知県の交通事故死者数は189人で、16年連続全国ワースト。

同日午後、県警本部で石川智之交通部長から委嘱状を渡されたいとうは「特に死者数の多い高齢者に思いが届くよう広報していきたい」と意気込みを語った。

その後、中区の商店街で石川交通部長らと、歩行者が横断歩道付近にいる場合は一時停止するようドライバーに訴えるチラシや反射材を通行人らに配った。(共同)