開催中の第72回カンヌ国際映画祭で、映画「太陽がいっぱい」などで知られる俳優アラン・ドロン(83)が19日、映画史への功績をたたえる「名誉パルムドール」を受賞した。

ドロンは、1963年に最高賞パルムドールに輝いた映画「山猫」などに出演したが、同映画祭での個人の受賞は、これまでなかった。

授賞式で娘の女優アヌーシュカからトロフィーを受け取り、満場の拍手に涙を流した。「スターになれたのは皆さん観客のおかげだ」とスピーチし「女性の前でこんなふうに泣いたことはない」と漏らした。

ドロンを巡っては、米国などの女性活動家らが、ドロンは「同性愛者嫌いで女性を蔑視する」として、名誉パルムドールを授与しないよう求める署名運動をインターネット上で実施するなどした。

これに対しドロンは19日付のフランス紙ジュルナル・デュ・ディマンシュのインタビューで「同性婚には反対しないが、同性カップルの養子縁組には反対だ。女性をたたいたことはあるが、女性にビンタを食らった方が多い。女性に付きまとったことは人生で一度もない」などと語った。

名誉パルムドールは過去に、俳優では故ジャンヌ・モローさんやカトリーヌ・ドヌーブらに授与された。