政府は21日付で19年春の叙勲受章者を発表した。令和に改元後初めて。俳優市村正親(70)、ジャズトランペット奏者の日野皓正(76)、映画「泥の河」などで知られる小栗康平監督(73)らに旭日小綬章、今回最高位の桐花大綬章には寺田逸郎前最高裁長官(71)を選んだ。受章者は桐花大綬章1人、旭日章991人、瑞宝章3233人で計4225人。女性の受章者数は401人、民間人は1984人で、いずれも03年の制度改正以降、最多。

市村は会見で「万歳!」と両手を上げて喜んだ。「一生懸命やってきて良かった。高校の時に劇団民芸の舞台を見て、この仕事は面白いと思って、演劇を選んだ。好きな道を突き進んで、お年玉にボーナス、宝くじが当たった感じ。恵まれています」。

15年に胃がん手術を受けたが、先日、「元気すぎる70歳」の副題で密着番組が放送された。「来年も新作があり、『本当に70?』と言われるほどパワーを出しています」。ただ、11歳と7歳の子供に「『パパ、年とりすぎ』と言われた」と苦笑い。妻の篠原涼子(45)には「(賞を)もらいすぎね」と祝福されたが、受章におごる気持ちはない。「お客さんに『この程度でもらった』と思われたくない。今後は『リア王』もやりたいし、情熱がなくなったらおしまいだからね」と、前向きな70歳だった。