関西テレビ(大阪市)制作のバラエティー番組「胸いっぱいサミット!」で、パネリストとして出演した作家の岩井志麻子さんが、韓国について「手首切るブスみたいなもん」などとリストカットする女性に例えたともとれる発言をし、18日までに、インターネット上で「ヘイトスピーチ」などと批判の声が上がっている。

問題になったのは5月18日昼の放送で、今年2月に天皇陛下(現上皇さま)の謝罪で慰安婦問題が解決すると発言した韓国の文喜相国会議長が、5月の代替わりの際に祝電を送ったというニュースを巡り、「突然の歩み寄り!?」とテロップを付け、日本の取るべき対応を議論した部分。

韓国人の夫を持つ岩井さんは、進行役から「韓国人気質」を尋ねられ、「手首切るブスというふうに考えておけば、だいたい片付くんです」と述べた。その上で「『来てくれなきゃ死んじゃうんだから。死んだらあんたのせいだから』(と韓国に言われ)、中国とか北朝鮮は『死ねば』と言っちゃうけど、日本は『そんなこと言うなよ。おまえのこと好きなんや』って…」などと発言。他の出演者は「すごく分かりやすい」と応じていた。

番組は生放送ではなく、事前に収録されており、発言の末尾は効果音で消されていた。

関西テレビは「担当者が不在で後ほどコメントする」としている。

同番組は、さまざまなニュースについてパネリストが議論するバラエティー番組で、関西地区のほか、中京地区などでも放送されている。