新海誠監督の新作で19日に封切られたアニメ映画「天気の子」の公開3日間の興行収入が約16億4000万円に達したと、東宝が22日発表した。

16年に公開され、国内興収が歴代4位の250億円を記録した新海監督の前作「君の名は。」の公開3日間との対比で、約128%の好スタート。公開3日間で約115万人を動員した。