米映画「イージー・ライダー」などで知られるベテラン俳優、ピーター・フォンダさんが16日、肺がんによる呼吸不全のため米西部ロサンゼルスの自宅で死去した。79歳だった。米メディアが報じた。

1940年、東部ニューヨークで生まれた。父は名優ヘンリー・フォンダさん、姉にジェーン・フォンダさんを持つ芸能一家。10代から舞台演劇に関わり、63年に映画デビュー。若者たちの放浪の旅を描いた映画「イージー・ライダー」(69年)を製作、脚本も手掛け、デニス・ホッパーさん、ジャック・ニコルソンさんと出演、低予算ながら大ヒットを記録し、公民権やベトナム戦争の反戦運動など既成の価値観に異を唱えるカウンターカルチャー(対抗文化)のアイコン(象徴)的存在として人気者になった。主題歌「ワイルドで行こう」などを収めたサウンドトラックもヒット、9月に予定される映画公開から50周年記念のコンサートの企画にも携わっていた。

「さすらいのカウボーイ」「ラスト・ムービー」など多数の映画やテレビドラマに出演。村上龍さん原作の日本映画「だいじょうぶマイ・フレンド」(83年)にも出演した。女優ブリジット・フォンダさんは娘。