16日から東京・歌舞伎座「秀山祭九月大歌舞伎」(25日まで)を休演している中村吉右衛門(75)が18日も念のため休演することが17日、松竹から発表された。

40度の高熱による体調不良のため、16日と17日は休演し、昼の部「沼津」の十兵衛は松本幸四郎、夜の部「寺子屋」の松王丸は尾上松緑が代役を務めた。

自宅療養で回復しつつあるが、大事を取って18日も休演を決めた。