熊本県は16日、来年3月にデビュー10周年を迎える県PRキャラクター「くまモン」の記念ロゴを発表した。10の「0」の部分にくまモンの顔をあしらったデザインで「応援してくれた人への感謝の思いを込めた」としている。

デザインは公募し、国内外から325点の応募があった。選ばれたのは熊本市のアートディレクター内村光一さん(46)の作品で、くまモンの顔の上には、トマトやスイカなど熊本の特産品をイメージした赤色の星を10個並べた。口は描かず、熊本地震の復興の使命に燃える様子を表現したという。

特別賞には、埼玉県草加市のデザイナー蓮沼隼人さん(34)の作品を選んだ。両作品は来年1~12月の1年間限定で利用でき、県は16日から許諾申請を受け付ける。(共同)