60年以上前に亡くなったハリウッド映画界の伝説的俳優ジェームズ・ディーンがコンピューターグラフィックス(CG)処理でよみがえり、準主役で“出演”する映画づくりが進んでいる。映画界やファンからとまどいや反発も出ており、故人の映像使用を巡る論争が白熱する可能性もある。

米メディアの報道によると、映画は「ファインディング・ジャック」(原題)。ベトナム戦争末期の米軍撤退で捨てられた千頭以上の米軍用犬を巡る小説を映画化、2020年11月の公開を目指して近く製作が始まる。

「エデンの東」「理由なき反抗」「ジャイアンツ」の主演で知られるディーンは24歳だった1955年、自動車事故で死亡。現在でもハリウッドを代表する俳優として人気が高い。

製作会社は遺族から映像などの知的所有権を譲渡されたと強調し「(映画製作の)新たなチャンスになる」と主張。故イングリッド・バーグマンや故クリストファー・リーブさんらの新作づくりにも意欲を示した。

これに対し、SFアクション映画「アベンジャーズ」シリーズで、キャプテン・アメリカ役を演じた俳優クリス・エバンスさんはツイッターで「恥ずべき行為だ」と非難。最新技術でピカソの作品やジョン・レノンの新曲をつくることだってできると批判している。(共同)