波瑠(28)主演のTBS系ドラマ「G線上のあなたと私」(火曜午後10時)の第9話が10日に放送され平均視聴率が6・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。

同ドラマは、恋愛マンガの名手いくえみ綾氏が「ココハナ」で連載していた同名漫画が原作。波瑠演じる小暮也映子は寿退社間近に婚約破棄を告げられる。そんな時に「G線上のアリア」を耳にしたのをきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。教室には中川大志(21)演じる大学生加瀬理人と松下由樹(51)演じる主婦の北河幸恵がいた。人間関係もバイオリンも一筋縄ではいかない3人を中心とした悩める大人たちにエールを送る、恋と友情の物語。

第1話から視聴率は7・8%、8・8%、7・3%、6・9%、6・7%、6・7%、8・6%、7・6%だった。

第9話の内容は、理人(中川大志)とのデート当日、緊張のあまり体調を崩してしまった也映子(波瑠)。

一方、理人は会いたくないから断られたのではないかと疑心暗鬼になり、也映子の自宅を訪ね、困らせてしまう。

也映子の部屋で2人になり、ようやくお互いの気持ちを確かめ、ついに付き合うことに。両想いであるうれしさをかみしめる也映子だが、8歳も年下の理人との交際に戸惑いを隠しきれず、空回り…。

そんな中、也映子と理人が2人で出掛けているところに、夫・弘章(小木博明)の態度にイライラを募らせていた幸恵(松下由樹)が家出をしたという連絡が入る。