NHKは15日、テレビ番組を放送と同時にインターネットに流す常時同時配信を、3月1日から試験的に始める計画を総務省に届け出た。配信は1日17時間程度で、4月1日から本格運用(午前6時から1日18時間程度)に入る。サービス名称は「NHKプラス」で、見逃し番組の配信も含む。

計画は、同時配信を含むネット活用業務実施基準案が、総務省から認可されたのを受け策定。放送と通信の融合が加速する中、活動範囲をネットに広げる。

計画では、総合テレビとEテレの番組を放送と同時にネット配信する。テレビの受信契約者が対象で、契約者本人または生計を同一にする人であると確認されれば、追加負担なしで利用可能。申し込みは専用アプリなどで受け付ける。

視聴者は1つの受信契約につき、パソコンやスマートフォンなど同時に最大5つの端末で視聴できる。未契約の人が視聴しようとすると、画面に契約を促すメッセージが表示される。

同時配信に付随したサービスとして、番組を放送後に見られる「見逃し配信」も提供する。配信期間は放送後7日間。

記者会見した上田良一会長は、配信時間が当面、1日24時間の「常時」とならない点に関し「利用状況や視聴者のご意見を踏まえつつ、(24時間化を)検討してまいりたい」と話した。(共同)