「メタル界の帝王」と呼ばれる英ミュージシャン、オジー・オズボーン(71)がパーキンソン病を患っていることを公表した。21日に放送された米テレビのインタビューで語った。昨年、ワールドツアー中にツアー延期を発表しており、現在は薬物治療を受けているという。

オズボーンは自宅で転倒して首の手術を受け、昨年2月にパーキンソン病と診断された。手術の影響で腕のしびれや、脚が冷たくなるなどの症状を抱えており「(家族にとって)とても困難な状況だ」と語った。

オズボーンは2018年4月からのワールドツアーを最後に長期にわたる公演をやめると既に公表しているが、完全引退は否定している。

英バーミンガム出身。1970年、バンド「ブラック・サバス」のボーカルとしてデビューし、脱退後はソロなどで活動。94年に「アイ・ドント・ウォント・トゥ・チェンジ・ザ・ワールド」でグラミー賞を獲得するなど数々の賞を受賞している。(共同)