覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕されたシンガー・ソングライター槇原敬之容疑者(50)が大筋で容疑を認めていることが15日、捜査関係者への取材で分かった。

警視庁組織犯罪対策5課は薬物の入手方法や使用実態などを詳しく調べている。

捜査関係者によると、槇原容疑者は逮捕当初、「2年前のことでよく分からない」などと話していたが、その後は容疑を認めているという。

槇原容疑者は13日、2018年3月と4月に当時住んでいた東京都港区のマンションの自室で、覚醒剤と危険ドラッグ「ラッシュ」を所持していたとして逮捕された。

当時同居していた所属事務所関係者の男性(43)もマンションで覚醒剤を所持したなどとして18年春に起訴されている。この時、男性は「違法薬物を槇原容疑者に渡したことがある」と話していたという。(共同)