米人気俳優ジョニー・デップが、元妻へのドメスティックバイオレンス(DV)に関する虚偽の記事を掲載されたとして英大衆紙サンの発行元を名誉毀損(きそん)で訴え、英高等法院で7日始まった審理に出廷した。英メディアが報じた。

サンは2018年4月、デップが元妻の女優アンバー・ハードに暴力を振るっていたと報道。デップ側は、ハードのうそだと主張している。7日の審理にはハードも出廷した。審理は約3週間続く予定。

デップはハードと離婚する前の16年、ハードからのDV被害の訴えで、米裁判所から接近禁止命令を出されたことがある。(共同)