人気バンド「Do As Infinity」元メンバーによる覚せい剤取締法違反事件で、宮崎地検都城支部は31日、元メンバーの無職長尾大被告(49)の罪名に大麻取締法違反(所持)罪を追加する訴因変更を宮崎地裁都城支部に請求した。

訴因変更請求によると、長尾被告は6月24日ごろ、自宅で覚醒剤を使用したほか、同日、覚醒剤約0・262グラムと大麻約1・29グラムを所持したとしている。

宮崎県警小林署は同日、覚醒剤を所持していたとして現行犯逮捕。尿検査で陽性反応が出た。長尾被告は作曲家として、歌手浜崎あゆみさんらに多くのヒット曲を提供した。(共同)