人気グループ「TOKIO」元メンバーの山口達也容疑者(48)が酒気帯び運転容疑で現行犯逮捕された事件で、逮捕のきっかけとなった追突事故の相手車両は警視庁の警察官が運転していたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、山口容疑者は22日午前9時半ごろ、東京都練馬区桜台の区道で、信号待ちをしていた男性警察官の乗用車にバイクで追突。警察官が110番した。呼気検査の結果、基準値の1リットル当たり0・15ミリグラムを大幅に上回る約0・7ミリグラムのアルコールが検出されたため、現行犯逮捕された。警察官は私用で運転していた。

山口容疑者は自宅から友人宅へ向かう途中だった。警視庁が飲酒の状況を調べている。(共同)