韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」の所属事務所「ビッグヒットエンターテインメント」(ソウル市)が15日、韓国取引所に株式を上場した。2005年設立で、BTSの世界的な人気で急成長を遂げた。韓国メディアは、時価総額が一時、11兆8800億ウォン(約1兆900億円)に達したと伝えた。

初値は1株27万ウォンだったが、上場と同時に高騰し、一時ストップ高となった。昨年の営業利益はこれまで業界で優位にあった韓国の大手芸能事務所3社の合計を上回っている。

事務所の房時赫代表は上場の記念式典で「小さな会社から始め、世界の音楽市場の秩序を再編したと評されるようになった。世界最高のエンターテインメント企業を目指していく」と意気込みを語った。

10、11日に開催されたBTSのオンライン公演は、世界の約190カ国・地域で90万人以上が視聴し、チケットだけで500億ウォンを売り上げたと推定されている。

一方、徴兵制のある韓国ではBTSメンバーの入隊期限が近づいており、新しいアイドルグループを輩出するなど経営の多角化が急務だと指摘されている。

BTSの活動に支障が生じれば韓国経済への打撃になるとの見方まである。国会では兵役の猶予措置を拡大する法改正案も議論されている。(共同)