自分のファンだった高校1年の女子生徒(16)にスマートフォンで裸の写真を撮って送らせたとして、警視庁少年育成課は17日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、「ワタナベマホト」として活動していた元人気ユーチューバーの職業不詳渡辺摩萌峡容疑者(28)を逮捕した。

同課によると、渡辺容疑者は昨年11月に会員制交流サイト(SNS)で生徒と知り合い、計30~40枚の写真を送らせたとみられる。「50枚送れば(自分と)会える」などファン心理を利用し、口止め目的で学生証の写真も撮らせていたという。

逮捕容疑は昨年11月16日、当時15歳だった生徒にわいせつな写真を送らせた疑い。「弁護士と相談してから話す」と認否を留保している。

今年1月に生徒が別のユーチューバーに相談し被害が表面化した。同月下旬、渡辺容疑者が所属していた事務所は「許されない問題行為を取ったと判断した」として契約解除を発表。その後、渡辺容疑者もツイッターで謝罪し「けじめとして引退する」と表明した。

渡辺容疑者がユーチューブに投稿していた複数の動画チャンネルの登録者数は累計500万人を超え、若者らの注目を集めていた。(共同)