歌舞伎俳優の市川九団次(49)が新型コロナウイルスに感染したことを27日、松竹が発表した。PCR検査で判明。出演予定だった、来月に全国を回る舞台「秋の特別公演 古典への誘い」の降板も発表された。

7月までに2度ワクチン接種し、体調不良などの症状は一切ないが、保健所から9月3日まで療養期間を設けるよう指示があったため、大事を取って全日程降板したとしている。代役は市川斉入。他の出演者はPCR検査で全員の陰性が確認されたとした。