ビートルズの元メンバー、ポール・マッカートニー(79)が英BBCのラジオ番組の収録で、1970年のバンド解散を振り返り、きっかけとなったのは自分ではなく「ジョニー(故ジョン・レノン)だった」と語った。英メディアが11日までに伝えた。

解散理由を巡ってはこれまで、マッカートニーがたき付けたとの臆測のほか、メンバーの方向性の相違や法廷闘争、レノンと結婚したオノ・ヨーコさんが原因など諸説あった。

マッカートニーは、ビートルズは「僕のバンドであり、仕事であり、人生だったから続けたかった」と主張。レノンが先に脱退を切り出し「かなりわくわくする。離婚みたいなものだ」と話していたと明かした。

レノンが脱退を望んだ背景にはオノさんと「新しい生活を始めていた」ことがあるが、オノさんに責任はないとの考えも示した。

マッカートニーは、当時のマネジャーがメンバーらに解散を口外しないよう命じたとも指摘。ファンらを偽ることに疲れ「秘密を漏らした」と述べた。その後、正式な解散を求める訴訟を起こしたのはマネジャーの手に楽曲の権利などが渡ることを阻止するためだったという。

番組は今月23日に英国で放送予定。(共同)