米俳優アレック・ボールドウィン(63)が21日、西部ニューメキシコ州サンタフェ郊外の映画の撮影現場で女性スタッフ(42)を小道具の銃で撃ち、女性は搬送後に死亡が確認された。監督のジョエル・ソウザさんも負傷。誤って撃ったとみられ、地元当局が詳しい状況を捜査している。米メディアが伝えた。

米芸能メディア「デッドライン」は関係者の話として、リハーサル中に弾薬の種類について把握しないまま銃の引き金を引き、2人に命中したと伝えた。女性は腹部を、ソウザさんは肩をそれぞれ撃たれたとみられる。

ボールドウィンはトランプ前米大統領の物まねでも知られる。撮影中の映画「Rust」(原題)はボールドウィンとソウザさんが原案を手掛けた作品。撮影現場での誤射は過去にも起きており、1993年には故ブルース・リーの息子ブランドン・リーさん(当時28)が死亡している。(共同)