専属契約を結んでいた芸能事務所のプロデューサーによるセクハラで精神的苦痛を受けたとして、タレントの愛内里菜(41)が同事務所「ギザアーティスト」(大阪市西区)に1000万円の損害賠償を求めた訴訟の本人尋問が10日、大阪地裁であった。愛内は体を触られるなど「度重なる被害を受けパニック状態になった」ことで2010年に一時引退に追い込まれたと訴えた。

尋問にはプロデューサーだった男性も出廷。愛内とデビュー当初の00年から05年ごろまで交際していたと明らかにし、同意があったためセクハラ被害は事実無根だと反論した。

さらに男性は、愛内が自身のタレント名の使用を巡って事務所とトラブルになっていると指摘し「(愛内は)世間を味方にするために訴訟を起こした」と主張した。

愛内は、男性からの性的行為を拒むと楽曲の発売を中止すると言われたとして「多くのスタッフに迷惑がかかると思い、断れなかった」と述べた。

愛内はNHK紅白歌合戦に出場経験があり、テレビアニメ「名探偵コナン」の主題歌を歌うなど活躍した。(共同)