作家伊坂幸太郎氏のベストセラー小説「マリアビートル」を映画化したハリウッド映画「ブレット・トレイン」への出演が伝えられていた米歌手で女優のレディー・ガガ(36)が、スケジュールの都合で実現していなかったことが分かった。

俳優ブラッド・ピットが殺し屋を演じる同作は、日本の新幹線を舞台に乗り合わせた殺し屋たちがバトルを繰り広げるストーリーで、俳優真田宏之や女優福原かれんら日本人キャストも出演している。当初ガガもキャストされたと報じられていたものの、このほどメガホンを取る映画「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」(2019年)などで知られるデヴィッド・リーチ監督が、映画「ハウス・オブ・グッチ」(2021年)と撮影時期が重なってしまい、ガガの出演がかなわなかったと明かした。日本公開は未定だが、北米では8月5日に公開予定。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)