フランスで開催されたカンヌ国際映画祭で、優れた演技を披露した犬に贈られる「パルムドッグ賞」が27日発表され、ウクライナで活躍する爆発物探知犬「パトロン」に特別賞が授与された。地元メディアが伝えた。

ジャック・ラッセル・テリアの雄「パトロン」は、ロシア軍が残した地雷や不発弾など爆発物を多数発見し、ゼレンスキー大統領にも表彰された。パルムドッグ賞の主催者は、パトロンの活動を一層顕彰したいとして授賞を決めた。

映画祭に参加したウクライナの代表団のメンバーがパトロンに代わり、トロフィーとなる革の首輪を受け取った。受賞について「ウクライナや平和な世界を守る人々全てにささげられるものだ」と喜んだ。

カンヌ映画祭の最高賞「パルム・ドール」にちなんで名付けられたパルムドッグ賞は2001年に創設。映画祭本体の賞とは別に批評家らが選んで授与している。(共同)