フランスで開催中の第75回カンヌ国際映画祭で28日、是枝裕和監督の韓国映画「ベイビー・ブローカー」がエキュメニカル賞を受賞した。同賞は映画祭の正式な賞とは別に、キリスト教関連の団体が独自に贈る賞。

「ベイビー・ブローカー」は親が育てられない子を預ける「赤ちゃんポスト」を巡る物語。是枝監督が主演のソン・ガンホさんら韓国の俳優やスタッフと全編韓国で撮影した。

映画祭本体の主要賞の結果は28日夜(日本時間29日未明)の授賞式で発表される。(共同)