23年NHK大河ドラマ「どうする家康」の取材会が1日、NHK名古屋放送局で行われ、主演の嵐松本潤(38)が出席した。

松本が徳川家康を演じる本作。先月5日のクランクインからまもなく1カ月となった。共演の大森南朋(50)山田裕貴(31)松重豊(59)とよろい姿で登場し「非常に有意義で刺激的な時間を過ごしています。初めての大河、初めての家康役に不安はありましたが、現場に入ってお芝居をすると、毎日楽しく笑いが絶えません」と充実感をにじませた。

ナイーブな少年だった家康が、いかに天下を取るか。脚本の古沢良太氏が新しい家康像を描く。現在は若く弱々しい家康を演じており、松本は「こんなやつが? っていう感じ。家康が天下を取ることは決まっているストーリーだけど、本当にコイツが取るのかという始まり方」と紹介。また「ヒーローは何でもできて“完璧”というより、抜けがある方が今っぽいと言うなら、今っぽいのかな。どう天下を取って成長していくのか、人間ドラマとしての見どころがあります」と語った。

酒井忠次役の大森は、家康を演じる松本について「今まで見たことない松本潤を最前線で見られている。ご期待ください」とPR。本多忠勝を演じる山田も「殿(松本)の揺れ動く表情が魅力的で、迷っている表情やおびえている顔に引き込まれる。松潤さんに、こういうところを感じたことはなかった」と松本の新境地を語った。