NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」(月~金曜)の5日に放送された第46話の平均世帯視聴率が15・1%(関東地区)だったことが6日、ビデオリサーチの調べで分かった。平均個人視聴率は8・6%だった。平均世帯視聴率の最高記録は第10話の16・9%。

時代は90年代から現在、「物づくりの町」として知られる大阪府東大阪市と自然豊かな長崎・五島列島が舞台。東大阪で町工場を営む両親のもとに生まれたヒロインの岩倉舞(福原遥)は、祖母が住む五島列島で「ばらもん凧(だこ)」に魅入られる。やがて入学する航空学校で“パイロットの卵”である仲間と励まし合いながらフライト訓練に挑み、飛行機で空を飛ぶ夢に向かっていく物語。福原は朝ドラ通算4度目のオーディションで2545人の応募を勝ち抜いて主役をつかんだ。長崎出身の歌手さだまさしが語りを務める。

あらすじは、中澤学生(濱正悟)に妻から離婚届が送られてきた。矢野学生(山崎紘菜)に離婚届を見せると、今後1人で飛行訓練が出来る試験のプリソロチェックに集中すべきと伝えた。舞は、柏木学生(目黒蓮)に何か言われそうになったことが気になってなかなか寝付けなかった。飛行操縦試験のために眠ろうと目をつぶり、夢にまで柏木が現れたが、何とか眠ることが出来た。しかし翌朝の朝食を食べようと食堂に向かった舞は、柏木を避けて離れた席に座ってしまった。

プリソロチェックを迎え、最初に柏木が挑んだ。次に舞が挑み、課題だった着陸では急な横風で着陸体勢が不安定となり自身の判断で上昇体制(ゴーアラウンド)に移った。再度の着陸ではセンターラインをずれて着陸した。