俳優の石原良純(61)が18日、テレビ朝日系「週刊ニュースリーダー」(土曜午前6時)に出演。両親に対する自殺ほう助の罪で、懲役3年執行猶予5年の有罪判決を東京地裁に言い渡された歌舞伎俳優市川猿之助(本名喜熨斗(きのし)孝彦)被告について言及した。

石原は猿之助被告について「これから執行猶予の5年間だけでなくて、猿之助さんの今後というか、どうしていくのか」と話し、神妙な面持ちを浮かべた。続けて「歌舞伎に携わりたい気持ちももちろんわかりますけども、ただ、どうやって携わっていくのか。それと同時に生きていかないといけない」と思いを口にした。

猿之助被告は判決後、松竹を通じ「言い表せない罪を感じています」「生かされた自分に何ができるか考えていきます」などとコメントを出していた。