俳優森崎ウィン(33)が、映画「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」(福田己津央監督、来年1月26日公開)で声優を務めることが22日、分かった。

新キャラで、新独立国「ファウンデーション」の住人グリフィン・アルバレスト役を担当する。すでに収録済みで、5度目の声優挑戦について「普段やらないことだから発見もあった。すごく新鮮で、楽しかった」と語った。

森崎は18年に公開のスティーブン・スピルバーグ監督の映画「レディ・プレイヤー1」でハリウッドデビュー。日本人青年・ダイトウ/トシロウの名セリフ「俺はガンダムで行く!」で名を広めた。「ガンダムは僕の人生を変えてくれた。そのキャラクターの1人として出させていただけるというのはうれしかった」。

「ガンダムSEED」「機動戦士ガンダム」「機動戦士Ζガンダム」と、これまでのシリーズも見ているといい、お気に入りはZガンダムだ。今作について「人類に対するメッセージ性がすごく含まれた作品で、子供が見ても分かりやすいセリフ回しだったりとか、言葉選びというのがすごく勉強になった」と話している。