俳優の妻夫木聡(42)が29日までにインスタグラムを更新。台湾のアン・リー監督とのツーショットを公開した。

妻夫木は「尊敬するアン・リー監督と対談」と記し、リー監督とのツーショットをアップ。「自分の人生で最も影響を与えた映画『ブロークバック・マウンテン』」とリー監督の作品の名前を挙げ、「この映画との出会いが、私の大きな転機に繋がりました」と明かした。

「『時に、俳優というのは不公平だ。どうしても目を惹きつけてしまう俳優がいる。たとえ隣で誰かがどんなに良い芝居をしたとしても。私の心の中で、ヒース・レジャーは今でも最高の俳優です。』と仰った監督は、まだ彼と撮影をしているようにも見えた」と対談を振り返り、「俳優にとって最も重要なことはfreshであること その言葉を胸にこれからも頑張りたいと思います」と記した。

ハッシュタグを用いて「#僕のために時間を作ってくださりありがとうございました」とつづっている。

フォロワーからは「おふたりの笑顔がとてもすてき」「すてきなエピソード」「いつかリー監督の作品に妻夫木さんが出演しますように」「ずっとずっと応援してます」などのコメントが寄せられている。