世界最大級のK-POP授賞式「2023 MAMA AWARDS」が29日、東京ドームで行われた。男性13人組グループSEVENTEENが、「10th Mini Album ‘FML’」で「ALBUM OF THE YEAR」を初受賞した。

名前を呼ばれると、メンバーたちが立ち上がって抱き合った。何度もうなずきながら、輪になって肩を組み喜びを分かち合った。リーダーのエスクプスは「僕たちはSEVENTEENという名前で活動しながら、皆さんのおかげで、再契約をして、皆さんのおかげでこの賞をとることができました」と感謝。「活動をしている中で、1度でも受けられるかなと思っていた賞を受けることができて、皆さんのおかげです」と韓国語でスピーチした。

また、ジョンハンは日本語で「本当にありがとうございます。毎回授賞式で賞をいただくたびに本当に信じられない気持ちになります。皆さんが応援してくれた言葉が本当に、きゅーっと、力になりました」と笑顔で伝えた。「一緒に皆さんと積み重ねて、努力が実ったと思います。全部CARAT(ファン)の皆さんのおかげだと思います。この賞を、CARATの皆さんにささげたいと思います!来年もよろしくお願い致します」と呼びかけた。

さらにウジは韓国語で「ここまで来るのに、長い時間がかかったような気がします。僕たちは、人数多すぎてダメだ、と言われてきました。12年目になりますけど、皆さんのおかげです。ありがとうございます。最後まで音楽を届けてすばらしいチームにあれるように頑張りたいと思います」と涙ぐみながらあいさつした。

また「ARTIST OF THE YEAR」にはNewJeans、「SONG OF THE YEAR」にはNewJeansの「Ditto」が選ばれた。