親パレスチナ集会で反ユダヤ主義的発言をしたとしてハリウッドの大手エージェントから契約を解除された米女優スーザン・サランドン(77)が1日、インスタグラムに長文メッセージを投稿し、自身の発言は間違いだったと謝罪した。

サランドンは先月17日に米ニューヨークで行われた集会に参加し、「多くのユダヤ人が、自分がユダヤ人であることを恐れている。頻繁に暴力にさらされているこの国で、イスラム教徒であることがどのようなものか味わっている」と発言し、批判を浴びていた。サランドンは声明で、欧州のユダヤ人大量虐殺や米ピッツバーグのユダヤ教礼拝所で18年に起きた銃乱射事件など、ユダヤ人への恐ろしい暴力行為のいくつかに言及し、「この現実を軽視し、自身の発言で人々を傷つけたことを深く後悔している」とコメント。「憎悪犯罪の増加に対する懸念を伝える」つもりだと話し、すべての人々に対する平和、真実、正義、そして思いやりへの取り組みを続けると述べている。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)