英王室に関する新たな暴露本「エンドゲーム」が波紋を呼ぶ中、ヘンリー王子(39)と妻メーガン妃(42)夫妻が、長男アーチー王子(4)のゴッドファーザーでもある王子の親しい英国の友人から結婚式の招待状が届かなかったことが分かった。

米ニューヨーク・ポスト紙などによると、アーチー王子のゴッドファーザーの一人とされるウェストミンスター公爵ヒュー・グローヴナー氏(32)が、来年6月に予定している結婚式に王子夫妻を招待しないことを決めたという。チャールズ国王とカミラ王妃、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃の4人は招待を受けており、ヘンリー王子夫妻だけが除外された形となった。

当初は王子夫妻の招待も検討されていたというが、「エンドゲーム」が出版されたことで家族間の確執に注目が集まっていることから、新婦のために晴れの舞台である結婚式に暗い影を落とすことを避けるためだったという。王子と公爵の友人は、「こんなことになり、信じられないほど悲しい」とコメントしている。王子は、王室を離脱して米国に移住して以降、英国時代の友人たちとは疎遠になっていることが伝えられている。

公爵は、兄ウィリアム皇太子とも親しい友人で、長男ジョージ王子のゴッドファーザーでもある。兄弟の数少ない友人として、2人と強い絆を保ち、交流を続けてきたことで知られるだけに、2人の和解を願っているものの、自身の結婚式までにそれが実現する可能性は低いことも理解していると関係者は語っている。公爵の代理人は、ピープル誌に「招待客についてコメントする立場にない」と声明を出している。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)