GACKT(50)加藤諒(33)益若つばさ(38)アキラ100%(49)ハイヒール・モモコ(59)藤原紀香(52)が4日、大阪市内で公開中の映画「翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~」(武内英樹監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに登壇した。

埼玉県を“ディスった”前作に続き、今作では関西も巻き込んで東西でディスり合いが始まる。関西での初日興行成績が前作比330%を記録し、前作を越える大ヒットとなった。

アキラ100%は「おふくろはとにかく喜んでいた。亡くなった父親が滋賀県出身。母親が埼玉県。この映画のために生まれたんじゃないかな。おふくろが『天国で、お父さんが喜んでいるよ』って」とうれしそうに話した。

注目ポイントについてGACKTは「この映画はよく言うと、オマージュ。普通に言うとパクリですね」と笑わせた。最後に「ちなみにエンドロールには、いろんな方の名前が出てきます。僕も実際にエンドロールを見て、アキラさんがこの映画に出ているのを知った」と真剣なトーンで話すと、共演者も客席も大爆笑し、アキラは大慌てした。「他にも有名な方たちの無駄遣いが多いです」とPRした。