男性ダンス&ボーカルグループ、FANTASTICSが5日、パシフィコ横浜で、メジャーデビュー5周年を記念したファンクラブイベント「FANTIME~5周年だよ! 全員集合~」を開催した。

結成から約2年後の2018年12月5日にシングル「OVER DRIVE」でデビューした。

この日発売のアルバム「FANTASTIC ROCKET」のリード曲「STARBOYS」で華々しく幕を開け、6人のダイナミックなパフォーマンスとツインボーカルで会場の熱気は早くもムンムン。中島颯太(24)は「始まりました~。いつも温かい応援をありがとうございます」と笑顔で呼びかけた。

ファンにアンケートを取って人気トップ10の曲をパフォーマンスした。「it,s all good」が選ばれたことに、ボーカル八木勇征(26)は「リアルにファンの気持ちが分かった」と喜びを明かした。

イベント前の取材で、リーダー佐藤大樹(28)は「目まぐるしくあっという間の5年だった。デビュー直後は会場の大きさに負けていたが今は表現力が付いている。メンバーみんなが120%成長できている」と自信を見せた。

来年2月からは初のアリーナツアーが始まる。20年にも予定していたが、新型コロナ禍で中止に追い込まれたツアーのリベンジだ。佐藤は「悲願のアリーナツアー。必ず成功させる」と熱く訴えた。

ソロ活動も決まっている。八木と中島は1月期の民放ドラマに出演し、瀬口黎弥(27)はメンバーで4人目の写真集を発売する。佐藤は「最近、黎弥は体を鍛えまくっている。見どころは白ブリーフ。パンイチでバキバキの黎弥を見てください」と冗談交じりでアピールし、「ゆくゆくはメンバー全員が発売をして写真集を一列に並べたい」と明かした。

ライブにドラマ出演、そして写真集発売。「来年はノンストップで行きます」。佐藤はグループの6年目の飛躍を誓った。【松本久】