お笑い芸人、おいでやす小田(45)が6日放送の、ABCテレビのトーク番組「これ余談なんですけど…」(水曜午後11時17分)に出演。俳優業のギャラ事情を告白した。

フリーアナウンサー草野仁(79)が「世界ふしぎ発見」の番組開始当初のギャラが30万円で、10年後には倍の60万円だったことを明かすと、MCのかまいたち濱家隆一(40)が小田に「俳優で今めっちゃ評判良くて、俳優ブレークランキングでも名前出たりするんですけど、俳優は(ギャラ)どうなんですか?」と問いかけた。

すると小田は「安いと思う。たぶん」と即答し「1話いくらなんで、1話に3~4日かかっても…。だから、拘束時間で言うたらムチャクチャ割は悪いと思う。正直、1日劇場出てる方が高いよ」と明かした。

そこでゲストの武井壮(50)が「1日劇場に出て、どのぐらいなんですか?」と尋ねると、かまいたち山内健司(42)が「小田さんの1回の舞台ギャラが2500円ぐらい」と答えた。小田は即座に「安っ!」と反応しながら「おらんやろ! 2500円とか。最低が決まってんねんから! …でも正直、かまいたちの半分以下ですよ」と謙遜すると、濱家は「半分かな? いやいや、半分も行ってます?」。小田は「何やねん、その感じ! すごいなお前、逆で来たやん!」と返し、スタジオを沸かせていた。