電撃ネットワーク南部虎弾(なんぶ・とらた、本名佐藤道彦=さとう・みちひこ)さんが、20日午後11時55分、脳卒中のため亡くなった。72歳だった。21日、グループの公式X(旧ツイッター)で発表された。

Xでは南部さんが亡くなった1月20日は、もともと所属していたダチョウ倶楽部の故上島竜兵さんの誕生日と一緒と指摘している一般アカウントの投稿が話題に。Xで「南部さんさぁ……。あなた、なにも竜ちゃんの誕生日に死ぬことないじゃんか……。天国で竜ちゃんに『俺は大寒に生まれて、南部さんは大寒に死んで。結局俺らは元々寒い芸人なんですよ』って言われるぞ…」とつづられた投稿に、さまざまなコメントが寄せられた。

「死ぬ時もダチョウ倶楽部の一員だったか…」「寒い時期だけに、あの世で『熱湯風呂』『あつあつおでん』やっているかな…(合掌)」「熱々おでんがいちばんおいしい時期ですからね…」「色んな意味で仲が良すぎるって ご冥福をお祈りします」「竜ちゃん、寂しかったのかな」などと書き込まれていた。

南部さんは1951年(昭26)5月14日、山形・鶴岡市出身。デビュー当初のダチョウ倶楽部のリーダーを務めていたが、方向性の違いにより脱退。90年に電撃ネットワークを結成した。過激な体を張った芸で人気を集め、海外では「トーキョー・ショック・ボーイズ(Tokyo Shock Boys)」の名で知られるなど、国内外で活躍した。

最近では、12年ごろに糖尿病と診断され、その後、糖尿病による骨髄炎、17年には急性冠症候群による心不全で緊急入院し、8時間もの心臓のバイパス手術を受けた。その際に人工透析を勧められたが、芸能活動を優先して拒否し続けてきたことで数値が悪化し、専門医に相談すると「腎臓移植しかない。一刻も早く、提供者を見つけ出して手術した方がいい」と告げられ、19年に妻がドナーとなった生体腎臓移植手術を行っていた。所蔵事務所のプロフィルでは「生前葬は、もう済ましてます」と記していた。