俳優の山崎賢人(29)、染谷将太(31)、奈緒(29)が19日、世界遺産の京都・仁和寺で映画「陰陽師0」(佐藤嗣麻子監督、4月19日公開)のキックオフイベントを行った。

シリーズ累計発行部数が680万部を超え、世界でも人気を集めている大ベストセラーシリーズの夢枕獏氏の小説「陰陽師」が原作。山崎演じる安倍晴明が陰陽師になる前の知られざる学生時代を描く。

仁和寺の金堂(国宝)で撮影に山崎は「ピーンとした研ぎ澄まされた空間で、すごかった。静寂です。それが映像にも残っていると思う。すごい映像になっていると思う」と世界遺産での緊張感たっぷりの撮影を振り返った。金堂内にある密教壁画「五大明王」などがあり「昔からずっと残っている場所はパワーとエネルギーがすごい」と感嘆した。

晴明の相棒となる源博雅を演じた染谷は「歴史を刻んできた場所で、実際に立ってお芝居すると、その場所のエネルギーが宿ってくる」と語った。博雅を慕う徽子女王を演じた奈緒は仁和寺での撮影はなかったが「京都での撮影? 参加したかったですよ。でも、今日、京都に来ることができたので満足しています」と笑顔で話した。

圧巻はアクションシーンだ。山崎は「晴明の人間離れした動き、キツネの子とうわさされているような人物でもあるので、重力を感じさせないようなアクションをイメージした」。アクション監督は14年ソチ、18年平昌冬季五輪2連覇のプロフィギュアスケーター羽生結弦さんの演技からインスピレーションを受けたといい「舞うような、いなしていくアクションを表現できたのはおもしろかった」と満足そうに話した。

※山崎の崎は崎の大が立の下の横棒なし