仲里依紗(34)が21日、都内で、「映画おしりたんてい さらば愛しき相棒よ」(3月20日公開)公開記念ひな祭りイベントに登壇し、「田舎あるある」だというひな祭りエピソードで盛り上げた。

3姉妹で長崎出身の仲は「実家には結構立派なひな人形が飾ってあった」とした上で「関東より結構、暖かいので、ゴキブリがよくいたんです。ひな人形とともに。田舎あるあるなんですけど、絶対いますよ。見つけては『ママー!』って呼んで駆除している思い出ですね」と驚かせた。

続けて「ひな壇にゴキブリは現実じゃないですか。食べ物おいていると来ますよね。ゴキブリも良い気分でしょうね、レッドカーペットですから」と会場を笑わせた。

イベントには、同作のキャンペーンソング「ODYSSEY」を担当した、5人組ガールズバンド、NEMOPHILA(ネモフィラ)も出席。映画と楽曲のコラボレーションは今回が初となった。

mayuは「ネモフィラは地獄サウンドが多いんですけど、ゆるふわな? 壮大な音楽になったと思います」。NEMOPHILAのファンだという仲は「映画に沿った音楽だな、なんでも出来る方なんだと思ってすごいなと思いました。私はきつい系も好きなのでそちらも楽しみにしてます」と笑顔を見せた。