タレントの梅宮アンナ(51)が22日までにインスタグラムを更新。アメリカのネイルサロンでのアクシデントや娘の近況などを伝えた。

梅宮は「足の左親指ですが、ネイルサロンに行ってお手入れ中に、ニッパーで指のサイドを切られてしまったのぉ 肉を切って」とアクシデントを報告。しかし「でも、過去に何回もこんな事はアメリカでは経験済みなので、私の場合驚かない。あっ、またか アメリカあるあるなので、、」とつづり、「私の担当LYNNさんは、親切で一生懸命なので、文句を言う気にはなれない ルマイシン軟膏を塗ったら大丈夫です アメリカで日本カルチャー持ち込んだら身がもちません ここはアメリカさ」とポジティブな様子を見せた。

また「先日、娘ももかがアメリカでインフルエンザAにかかり持病の喘息によって呼吸困難になり死の淵を彷徨って。。 私はその時、完全に死ぬなって思ったんですよね。瞬間に覚悟をして。。 離れていると何にも出来なくて」と告白。「緊急で病院へ行きキチンと処置して頂いて。。そして、、、 回復に向かって。。 喘息。。。怖いんですよ 本当に。今はもう元気で、大丈夫になっています。。」と現在の体調は良好であることを明かし、娘とのツーショットを載せた動画とともに「ももかは、今、ビューティーの専門学校へ通っています マツエクが主に目的ですが、エステの授業はかなり楽しいそうです 近々私も学校でフェイシャルをやってもらおうと思います」などと伝えた。

フォロワーからは「想像しただけで痛いぃぃぃぃぃぃぃ」「どんな時にもめげないしポジティブ」「娘さん回復されてよかったですね」「ももかちゃんの元気なお顔も見られて安心ですね」などのコメントが寄せられている。